2005年10月10日

現像方法

ネオパン400プレストの場合(一例ですが)
処理薬品
0510_10.jpg
あらかじめ作っておいた処理液を用意
現像液、停止液、定着液、水洗促進液

フィルム
0510_11.jpg
フィルムピッカーでパトローネ内に入ったフィルムの先端を出す

ダークバッグに入れる物
0510_12.jpg
ダークバッグにタンクとリールとフィルムとハサミを入れて、ダークバッグの中でリールに巻き込みフタをする。
ハサミはフィルムの最後を切るために使う(ハサミが無いとパトローネからフィルムが外れない)。

タンクへのフィルム装填
0510_13.jpg
ダークバッグから出したところ
ここからは明るいところで処理出来るよ

現像
0510_14.jpg
1.現像液
20℃で7分、適当にかくはんする。
2.停止液
30秒かくはん
3.定着液
20℃で10分、適当にかくはんする。
5.予備水洗
  30秒
4.水洗促進液
1分、適当にかくはんする。
なお、液は反復使用できる

水洗
0510_15.jpg
5〜10分

リールから外す
0510_16.jpg
絵が見えると感動の一瞬です

水滴取り
0510_17.jpg
クリップをフィルムの上下に付けて吊るしスポンジで、はさみながら水滴を取る

自然乾燥
0510_18.jpg
吊るしたまま自然乾燥
乾燥したら6コマごとに切り離しネガアルバムで保存する


posted by はま at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 現像方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。