2006年01月08日

一乗谷朝倉氏遺跡2005年11月

諏訪館跡庭園
0511_44.jpg
朝倉氏の祖先は兵庫県養父郡の豪族で南北朝時代に朝倉広景が主家の斯波高経に従って入国。朝倉孝景が応仁の乱で活躍し一乗谷に本拠を移した。以降5代103年間にわたって越前の中心として繁栄し北陸の小京都と呼ばれた。しかし1573年織田信長に敗れ朝倉氏は滅び城下町も焼き討ちにあった。(入館したときの資料より)

ネオパン1600
以下、6枚up
0511_39.jpg

0511_40.jpg

0511_41.jpg

0511_42.jpg

0511_43.jpg

0511_45.jpg


posted by はま at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 写真・城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。